スマホが高いなら安くしましょ! 損しない格安選びの方法

今の端末のままでスマホ代金を安くする。機種の乗り換えが不要だからカンタン!

今の端末のままでスマホ代金を安くする。機種の乗り換えが不要だからカンタン!

格安スマホに乗り換えて料金を安くしたいのなら、端末そのままに乗り換えるのがもっともオススメです。

「端末そのままで乗り換えができる」を売り文句に今テレビでも良くCMを流している「マイネオ」は、格安スマホの中でも今もっともオススメの通信業者です。

テレビCMを流している携帯電話の会社では、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社の他には、ワイモバイルとUQモバイル、そしてマイネオがあります。

ワイモバイルとUQモバイルは料金的には大手3社の料金よりも安いのですが、2年しばりなどがあることや2年目に料金が上がるなど、大手に近い料金体系です。

それもそのはず、ワイモバイルはソフトバンクの、UQモバイルはauの系列会社なのです。

ぶっちゃけた話、この2社は大手の仕組みをそのままに料金体系だけ安くしたもので、本当の意味での格安スマホとは言いがたいのです。

大手と格安の真ん中あたりですね(笑)

ですので、本当にスマホを安くしたいなら、大手の携帯電話会社と何の関係もない格安スマホ業者を選ぶことです。

その中で、スマホ名人がもっともオススメしている携帯電話事業者がマイネオなのです。

格安スマホに乗り換えるのは実は簡単

スマホを格安に乗り換えるのって、よくわからないしなんだか面倒くさそう…

そう思っている人は多いと思います。確かに格安の業者を調べたり手続きをしたり、面倒な一面はあります。

スマホに限らず、今までのものをやめて新しいものに変えるって、結構勇気が入るし、手間もかかりますよね。

重い腰が上がるのに時間がかかるのもわかります。誰でもそうなんです。

でも、そのまま放っておくと、スマホに高いお金を払い続けることになるのです。

プランにもよりますが、格安スマホに変えると、大手に比べて月々3,000円、4,000円と安くできます。

1回の飲み代くらいか〜と軽く考える人も入るかもしれませんが、月々3,000円としたら年間36,000円、月々4000円なら年間48,000円ですよ。

そのお金があれば、アジアに海外旅行にだって行けますし、大好きなアイドルのコンサートにだって行けます。

自分にごほうびがあげられますね。

スキルアップのための本を買ったり英会話学校に通うこともできます。スキルアップしたら、スキルを生かして転職に成功するかもしれません。

フィットネスクラブに通うことにして痩せることだって可能です。

フィットネスといえばライザップが有名ですが、ライザップに通って痩せた結果、恋人ができたとか、付き合っていた恋人が結婚のプロポーズをしてくれたとか、人生が変わるできごとが起きています。

ライザップをオススメするという意味ではなく、たかがフィットネス、されどフィットネス、その結果何が起こるかは誰にもわからないのです。

小さなことからスタートして、人生は変えられるのです(笑)

そう思うと、格安スマホに乗り換えることは人生を変える可能性があるのです!

(ちょっと言いすぎましたかね…汗)

格安スマホに乗り換える方法

では、格安スマホに乗り換えるためにやることはなんでしょうか?

携帯電話会社に行って、2時間ほど話を聞きながら契約を変更して…というのが大手の携帯電話会社のスタイルですが、これは面倒くさい方法です。

混んでいる時にいけば、順番を待つ時間だってバカにならないのです。

今どきは、自宅でやります。ネットでせいぜい20分。申し込んだら、後は自宅に届くのを待つだけです。

さて、何が届くのかというと「SIM(シム)」という小さなチップだけです。

「えっ、こっ、これ?」と思うくらい小さなものが送られてきて、それを今のスマホに入れ替えたら終了です。

「マジ、これだけの話かー!?」と唖然とします(笑)←スマホ名人も体験済です…

たったこれだけのことで、今ある端末をそのままに、料金が安くなるのです。端末を換えていないので、端末の乗り換えやデータの移し替えなども不要でカンタンです。

すぐにでも料金は安くできます。

大手のスマホ料金を格安で下げる〜毎月のスマホ代が4,000円下がる

高いお金を払っても、安く済ませてもスマホはスマホ

大手で毎月8,000円払ってスマホを持っても、格安スマホで月2,000円ほどで済ませても、スマホはスマホです。できることに大して違いはありません。

なぜ大手の料金が高いかといえば、通信のインフラをどんどん造って提供していますし、新しい高速通信の規格にも対応しなければいけません。

そういったインフラを整備するだけじゃなく、全国に販売店を設けて販売しており運営にかかる費用などが莫大なのです。

このように、大手の携帯電話会社には値段を過度に安くできない理由があり、そして少々料金が高くても利用してくれるブランド力と全国展開した店舗網があるのです。

だからみんな使ってくれるのです。みなさんもそうじゃないですか?つい、近くのケータイショップで契約してますよね?

店舗に行けば親切に対応してくれますから楽ですよね?

その代わり、これに加入することが必須ですと言われて、3つも4つもサービスに加入させられてしまいます(汗)

「無料期間が過ぎたら解約してくださいね」と言われて「はい…」と言ったものの、いざやろうとするとわからないからやめられない(泣)

毎月そのサービス料だけでも2,000円以上も余計にかかっている人だって結構いるのです。

格安スマホはちょっと手続きすればグーンと料金が下がる

格安スマホが登場する前なら、大手の携帯電話会社で契約するしか方法はなかったのですが、格安スマホが登場した今、毎月
8,000円も大手の携帯電話会社に払わずとも、同じことが月額1,000円からだってできるのです。

安い分だけサービスに少々違いはありますが、ほとんどの人にとって大した違いではないのです。

格安スマホの中には、月額1,000円を下回るの料金を謳っているところもあるくらいです。

実際は本当にそれでは実用にならないプランもあるのですが、それでも、スマホの料金を安くするための選択肢のひとつなのです。

ある調査では、格安スマホの平均支払額は3,000円ほどなのだそうです。

スマホ名人に言わせれば、こんなに払わなくとも格安スマホを利用できると思いますが、それでも、大手の携帯電話会社で月額8,000円を払うことから比べると5,000円も安くなります。

大手がいいのは話し放題!

ムダな通話し放題をやめる〜通話契約なしでもOK

料金が安いから誰でも格安スマホにすればいいのかというと、例外的にそうでもない人たちもいることは事実です。

たとえば、通話がかなり多い人です。通話が多い人というと、月に何時間もかけるような人です。

しかも、LINEやSkypeなどの無料系電話ではダメで、090/080/070の電話番号を使わないと困る人です。主に仕事で使いたい人やガラケーや固定電話への通話が多い人が対象と言えます。

大手では月に2,700円(税別)で国内の固定電話・携帯電話にはかけ放題になります。

格安スマホでは、基本的には通話は30秒20円ですので、かけ放題にする2,700円の料金と同じだけ通話すると単純計算で最長70分弱かけられます。

通話料金を半額の30秒10円にするアプリもありますので、そのアプリを使えば、この倍の時間が通話できます。最長で140分(2時間20分)ですね。

格安スマホにすると、全体に料金が下がりますから、大手のかけ放題と同じ料金になるには、月に2時間以上は電話するくらいの人なら大手のかけ放題を選択しても良いでしょう。

だから、かなり電話する人を除いては、料金的には大手の携帯電話がいいとは言えないのです。

もう一つ大事なことは、大手の携帯電話会社は以前からメールアドレスを提供していますが格安スマホになると大手が提供するメールアドレスは使えなくなるということです。

ここは他のメールアドレスやLINEに変えていく必要があります。実際LINEを使い始めると、ガラケーの時のようにメールで連絡することはなくなりますよね。

ですから、携帯電話会社のメールアドレスのために、大手の携帯電話会社を使い続ける理由もあまりないのです。

ただ、ガラケーを使っているご家族やお友達がいてどうしてもやめられないという場合もあるでしょう。

その場合は、格安にいくのをあきらめるというよりは、メールアドレスを変更して、ガラケーのメアドから乗り換える方が良いでしょう。

それがどうしても無理という場合はしょうがないですね。大手を使い続けるしかありません。

解約手数料はすぐに元が取れる

大手の2年しばりから逃げる〜格安スマホの最低利用期間は6ヶ月か12ヶ月

大手の携帯電話会社には2年しばりという仕組みがあります。

更新月という2年に1回だけ訪れる月以外の月に解約すると約1万円の解約手数料が必要になるあくどい仕組みです。

※ガラケーなど長期の契約をしている場合はもっと少額の場合があります。

これは本当にひどい話しで、最初の2年間だけでなく、その2年が過ぎてもずっと2年しばりが続きます。

1万円の解約金を払うのがもったいないと感じて、なかなか解約できないのです。

そして、そのために毎月8,000円ものスマホ料金がのしかかるのです。

当たり前ですけど、一度契約してくれた大事なお客さんを簡単には手放したくはないのですね、

最初の2年間は端末代を安くするなど割引しますから、どちらかというと利益は薄いのですが、3年目以降になると本格的に利益が出ますので、2年しばりどころか4年しばり、6年しばり…ですね。

とにかく、どこかでこの2年しばりの呪縛から逃れないと永遠に続いてしまうのです。

格安スマホにすると、月額料金は3,000円も4,000円も下げられますから、解約金を1万円を払っても3ヶ月ほどで元が取れます。

そして、それ以降は毎月料金が安くなるのです。

端末代金の残債が残っている場合は、少し悩ましいですが、それでも料金が下がった分で残債を払うと割り切ることもできます。

オススメの格安スマホ

今オススメの格安スマホを一つ選ぶとしたらどれですか?

一番難しい問題の一つですね(笑)

なぜかというと、スマホを選ぶときにはどのような使い方をする人なのかによってオススメの格安スマホは違ってくるからです。

スマホを新しく買い替えたい人も入れば、そのままでいい人もいます。

自分一人が安くなればいい人と、家族で安くできることを望む人もいます。

通話が多い人と全くない人で選び方は違ってきますし、動画をたくさん観る人とそうでない人はまた別の選び方があります。

ですので、ある程度条件を絞らないといけないのです。

そこで、このような条件を付けました。

・通話は必要だけれど、使い放題などはなくてもいい、必要なら付けられればいい。
・動画は見るとしても多くない。自宅のWi-Fiがあるから自宅で見られたらいい。
・家族がいる場合は、一緒に加入してお得になれる方がいい。

割と普通の設定ですが、この条件で選ぶと「マイネオ」がオススメになります。

格安スマホの携帯事業者はたくさんありますが、価格的にはそれほど差がないほど安くなっています。

そうすると比較するのは、価格以外の機能なのです。比較表を見てくださいね。

格安スマホの比較〜DMM, U-mobile, nuro, J:COM, 楽天, OCN, Biglobe, IIJ, マイネオ, LINE, スマモバ, b-mobileを比較、3GB/5GB/10gbの順に安い順で並べた。価格で言えばそれほど大きな違いはないが、マイネオはパケットシェアが優位なのと、最低利用期間が短いことや、記載はないが割引があることなどが利点。

特に、マイネオはパケットをシェアする機能が強力で、マイネオの加入者であれば誰にでもパケットをあげられます。

人を指定してあげられるだけでなく、あまりそうなパケットをみんなで共有できるパケットバンクに入れたり、パケットが足りないときはパケットをもらうこともできます。

こういうユーザー思いの姿勢が本当に、他の格安スマホにないやさしさなのです。

スマホをそのままに乗り換えられる、ということを前面に出しているのもユーザーのためなのです。

本来なら、スマホを買い替えてもらった方が利益になるし嬉しいはずですが、そんなことよりムダなお金を使うのではなく、スマホそのままに安くしてくださいと言っているのです。

「今の端末をそのままに乗り換えられるマイネオ」について解説しています。

スマホ料金を安くして人生を変える!?〜6ヶ月間で5,400円割引だからさらにお得得



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする