格安への乗り換え方法は? 端末そのまま乗り換えが最もお得

格安SIMへの乗り換えなら、端末そのままが最も安上がりで、その上簡単!(1)端末代金不要!(2)データの移し替え不要!
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】


今のスマホをそのまま生かせれば、格安スマホはもっとお得

大手携帯電話会社のデメリットは、

価格が高い
2年縛りで離れにくい
SIMロックで端末そのままに乗り換えることが難しい

という3点があります。
このうち、SIMロックされている端末は、
他社のSIMを入れても動作しないので、

格安スマホにするときに、
スマホを買い換えないといけないという
制限になります。

SIMロックは、
大手の携帯電話会社が仕組んだもので、

利用者が他社に乗り換えにくいように
端末が他社の電波で動かないように
しているのです。

この仕組みのため、
他社に移るときは端末を買い換えて、
高いお金を払わざるを得なかったのです。

その代わりに、端末買い換えの代金を
割り引いたり、キャッシュバックを
することで乗り換えを支援したのです。

その結果、携帯電話会社を短期で
乗り換える人の方が得するという
異常状態を生み出したのです。

これ自体は解消されました。

総務省が指導した結果、
2015年5月以降に発売された機種は

SIMロックを解除できることになりました。

SIMロックを解除すれば、
他社に乗り換えるときに端末そのままに
乗り換えられるのです。

現在のところ、契約から100日経過すると
SIMロックを解除する手続きができます。

それでも、それ以前に買ったスマホを
お持ちの方もまだまだいらっしゃるのです。

そんな人が、今のスマホを生かして
格安スマホで料金を下げるには、
どうすればいいでしょうか?

それには、端末と格安スマホの組み合わせを
注意する必要があります。

ドコモの端末であれば、ドコモ系のSIMを、
auの端末であれば、au系のSIMを、

ソフトバンクの端末であれば、
ソフトバンク系のSIMを
選ぶ必要があるのです。

現在の格安SIMは、ドコモ系が主流で、
au系とソフトバンク系は少ないという
状況です。

これはドコモが格安スマホに積極的で
auとソフトバンクはそうでもなかった
という結果です。

特にソフトバンクは、格安スマホへの
回線の提供は2017年に入ってからです。


■マイネオなら、ドコモ回線もau回線も使える

マイネオのいいところは、
ドコモとauの回線が選べることです。

1つの端末で2つを使えるという
意味ではなく、

ドコモとauのどちらを選んで使える
ということです。

この意味は、SIMロックされた端末でも
ドコモかauの端末ならそのままで
使うことができます。

また、SIMフリーの端末であっても
ドコモとauの回線のつながりやすい
方を選ぶことができます。

また、ご家族や恋人同士でドコモと
auと違う携帯電話会社の端末を
持っていても、

マイネオなら両方の端末に対応することが
できるのです。

これがお得な理由は、

au回線のユーザーとドコモ回線の
ユーザーの間で、パケットのシェアが
できることです。

これ、実はかなり画期的なサービスです。

今の携帯電話業界の中で
これができるところはマイネオだけです。

マイネオは業界初のサービスをやっているのです。

家族の携帯電話会社が違っても、ドコモもauもまとめて格安にできる
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】


マイネオなら、パケットの有効利用ができる

マイネオがドコモとauの格安SIMを
扱っており、どちらの回線のユーザーも
加入できますが、

どちらを使っていても
余ったパケットシェアができます。

パケットシェアとは、
家族など決まった人との間で
余ったパケットを使うことです。

こうすることで、スマホの
データ使用量の多い人と
データ通信量の比較的少ない人がいても、

余らすデータ通信量尾少なくして
効率的に使うことができます。

パケットシェアをすれば、
契約するデータ通信量を少なくできるので、

結果的に料金を安くすることができます。

マイネオ以外の格安SIMでは、
ドコモかauかソフトバンクの
どれかの1つしか扱っていないので、

違う電話会社のSIMを使えば、
パケットシェアはできませんが。

ところが、マイネオならできるというわけです。

しかも、家族だけでなく、友達にだって
パケットを贈ることができるというから
マイネオ恐るべしです。

携帯電話会社が違っても、家族でも友達でも、データ有効に使える
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】


マイネオのやさしさの真骨頂「パケットバンク」

マイネオには、
さらにパケットバンクというものを
用意しています。

自分のパケットが余りそうなら提供し、
自分が不足するときにはもらえるという

譲り合いの気持ちで
パケットを見知らぬ人と共有できるのです。

助けてもらえる量は、
驚きの1ヶ月に1GBまでは助けてもらえるのです。

1GBといえば、大手携帯電話会社で
追加すると1000円ほどかかるのです。

そんな量を気前よくただで利用できるのです。
ただし、大事なのはあくまでも、
互助の気持ちで使うものです。

自分のデータが余っているときに
人助けのため提供し、

自分が困ったときに助けてもらえる、
ということです。

提供が前提ではありませんが、
お互いの助け合いの精神で成り立っています。

こういう仕組みを用意してくれるというのも
マイネオさんの優しい気持ちの表れです。

だって、普通はパケットを使い切っても
使い切らなくても、毎月払う料金は
何も変わらないんです。

たいていの人は、契約したデータ量を
使い切ることはないですもんね?

多くの人は使い切ることができないので、
携帯電話会社としては、お得なワケです。

ところが、マイネオさんはそのお得な分を
そのまま自社の利益にせず
パケットバンクという仕組みを作り、

余った分を利用者に使ってください!
と提供してくれているのです。

すごく良心的な会社だと思いませんか?

まとめると、
ドコモ回線でもau回線でも
どちらでもパケットシェアでき、

家族だけでもなく友達にもパケットを
贈ることができ、

さらに余ったものは誰もが利用できる、

すごいことじゃないですか!?


マイネオなら価格も低水準

そこまでしているから価格は安くないかと
思うとそうではありません。

価格もマイネオは十分低水準なのです。
価格は業界最低価格とまではいきませんが、

上に書いたようなパケットシェアの
メリットを考えると十分に安いのです。

データ通信量ごとの格安SIM比較、mineo(マイネオ)、DMM、楽天モバイル、Bigloge(ビックローブ)の比較
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

価格面では、DMMモバイルは最低価格に
なっており、さすがにその価格には
勝てませんね。

でも十分に安いのです。

なぜDMMモバイル一番安いかというと、
DMMモバイルは常に他社の価格を調べ、

自分のところより安いとわかると
自社の料金を値下げするという方法で
業界最低価格を保証しているからです。

価格は最低であった方が嬉しいと思います。

でも格安スマホの価値は、
トータルで見てくださいね。

MNPの切替は、SIMが届いて1時間ほどで完了
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】


データ通信量がたくさん必要な人でも30GBまでは利用可能

マイネオは月のデータ通信量の上限が
最大30GBまでとなっています。

実際、通勤や通学、あるいは出先で
動画をたくさん見たり、

聴き放題の音楽を聴きたい人でも、
自宅に帰ればWi-Fiが使える人は
10GBを越えることはあまりないでしょう。

ただ、自宅にWi-Fiがないと
常にデータ通信が必要なので、
大量のデータ通信量を使う可能性があります。

動画をWi-Fi環境で見るのであれば、
そのときデータ通信量は減りません。

動画を見るときは、
Wi-Fiに接続しているときに
見るようにすることで、

スマホが契約している
データ通信量を少なくすることが
できます。


お持ちの端末を格安スマホで利用する際に調べること

自分がお持ちのスマホにしろ、
中古で買ってきたスマホにしろ、

そこに格安SIMの契約をして
SIMという小さなチップを入れなければ
スマホとして使えません。

そのとき一番気を付けることは
その端末がSIMロックされているか
どうかです。

SIMロックかどうかは、そのスマホが
どこの携帯電話会社のものかによって
決まります。

わからなければ、携帯電話会社に
問い合わせるとわかります。

次に、SIMのサイズが大事です。
SIMのサイズは3種類ありますが、

スマホであれば、
micro SIM(マイクロシム)
nano SIM(ナノシム)
のどちらかです。

SIMサイズは、端末によって
決まっていますので、

スマホメーカーのサイトで調べると
わかります。


マイネオのまとめ

このようなメリットのあるマイネオですが
もう一度まとめてみましょう。

マイネオのメリットは、

・端末そのままにSIMの差し替えで安くなる
・ドコモとauの両方の電波に対応している
・パケットシェアで家族も友達もハッピーになる

という3点です。

次の条件のどれかにはまる人は、マイネオを選択して見ても良いでしょう
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

格安SIMへの乗り換え手順は?1.新しい契約をし、2.動作確認してから、3.現行契約を解約します。MNPで電話番号を引き継ぐ場合は、切替と同時に旧契約は自動的に解除されるので手続きは不要です。格安SIMへの乗り換え手順は3つのステップでできます。



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする