スマホの2年縛りはなくなる?長期契約がやはり料金的にお得


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク


■ 2年縛りの見直しプランが発表されている

携帯電話大手が相次いで契約から2年後の契約自動更新の制度の見直しの発表しています。何かうれしいことが起きるかというと残念ながらそうでもありません。

スマホや携帯電話の契約後、2年ごとに契約の更新が行われます。このとき、2年間の契約を前提にした契約になります。これが「2年縛り」です。

総務省の指導によって、この制度の見直しが始まり、ドコモ・au・ソフトバンクは相次いでそれに対応したプランしているのです。

2年縛りと呼ばれる理由は、解約料金にあります。2年ごとに訪れる更新月以外の月に解約すると、解約料として約1万円が必要になるのです。

この1万円の解約料は決して小さくありません。解約をするということは、次の新しい携帯電話会社と契約しなければなりませんし、それには必ず契約手数料3,000円が発生します。

それだけだって13,000円かかるわけですし、格安スマホに移る場合であれば端末を併せて購入することになります。

格安スマホにすれば、月額料金はグッと安くなりますが、端末代金を一括払いしなければならないところも多いので、その分は一時的に負担になります。


■ 2年縛りはゆるくなるのかというとそうでもない

それなら、2年縛りをゆるくするはずだから継続すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、残念ながらそんなお得なプランは発表されていません。

ソフトバンクとauは、2年契約を前提としないプランが選べるようになりました。でも…単に月額が高くなるだけです。

契約から2年が経過すると、解約金の発生しなくなりますが、月額は300円高いのです。高いのは2年間だけでなく、ずっと高いわけです。

解約金が不要な代わりに月額が高い、これはすなわち解約金を分割払いしているようなものです。しかも、解約金分を払ったとしても高い料金はずっと払い続けるわけですから、ばかばかしいことこの上ないです。

毎月高い料金を払っていることを忘れて、解約時は「解約金がかからなくて良かった!」と喜ぶことになるのです。


■ ドコモは少し良心的だが、縛ることに変わりはない

ドコモはソフトバンクやauよりも良心的なプランです。解約料のかからないプランを選んでも、上乗せ料金はありません。その点で良心的と言えます。

では、どういった違いがあるのかというと、解約料がある契約の場合は、月々の契約料金に割引があります。

2年契約を前提にしてくれるなら、長期契約してくれる優良なお客様として、月額を割引しますということです。

結果的にいえば、縛られることには違いないのですが、料金的には割り引いてくれることになります。

ソフトバンクとauは、2年契約しないなら高くしますよ、というプランです。

そういった違いですね。



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする