iPhoneの指紋認証でスマホのデータを守る


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

iPhoneの指紋認証は秀逸!

iPhone5sおよびiPhone6、最新のiPadには、
「Touch ID」という指紋認証装置が搭載されています。

「Touch ID」は何かというと、iPhoneを使うために
「パスコード」を入力しますが、

「パスコード」入力の代わりに指紋認証でiPhoneを使えるようにするものです。

パスコードですと、入力画面が人に見られやすいという欠点がありますし、
4桁のパスコードでは、万が一スマホが盗難や紛失に遭った時に
パスコードが見破られる恐れもあります。

これに対してアップルはとても素敵な解決策を提供してくれたのです。
それが「Touch ID」なのです。

「Touch ID」を使うと本人の指紋を使って本人確認できます。

現在では、「Touch ID」を使って次のことができます。

  • パスコードを入力する代わりに、「Touch ID」でパスコードロックを解除する
  • iTunes Store、App Store、および iBooks Storeで「Touch ID」を使って購入する

これまでに指紋認証装置はいくつかありました。
ノートパソコンにも採用されています。

しかしながら、認証の設定に手間がかかり、
パソコンのロック解除も失敗することが多く、
必ずしも便利な機能にはなっていませんでした。

それに対し、iPhoneでは「ホームボタン」に
指紋認証機能を持たせているので、
とても快適に使えるのです。

iPhoneではスリープ状態からiPhoneを使うために、
必ず「ホームボタン」を押して使い始めます。

iPhoneがスリープ状態の時、
この「ホームボタン」を押したのと同時に
「指紋認証」してくれるのです。

そしてワンタッチでiPhoneが使えるようになるのです。

パスコードを打つよりも圧倒的に早くiPhoneが使え、
しかもパスコードが人に見られないのです。

こんな便利な形で指紋認証を使ったところが「秀逸」な点です。

iPhoneの指紋認証の設定はとても簡単

iPhoneの指紋認証を有効にするには、指紋を登録しないといけません。
その手順は次のようにできます。

(1) 「設定」→「Touch IDとパスコード」を選びます。

(2)「iPhoneのロックを解除」を有効にします。

(3)「指紋を追加…」を選んで指紋を登録します。

指紋は複数登録できます。
1つだけでは認証の確率が低い場合があります。
同じ指でも複数登録すると認識率が上がります。

また、後で指紋認証の確率を高めるために指紋を追加したり、
不要な指紋を削除するときのために、

登録した指紋がどの指かわかるように名前を付けておくと便利です。

こうして、万が一iPhoneが盗難や紛失に遭っても、
勝手に使われたりデータを見られたりしないように
日頃から安全には気をつけましょう。



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする