iPhoneでダウンロードしたアプリが見つからない時はSpotlightを使う


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

自分のiPhoneで「あの」アプリが見つからない

スマホを持っていると、アプリをどんどん追加してしまい、
数多くのアプリに自分が使いたいアプリが埋もれてしまうことがあります。

いつも使っているアプリなら置き場所は決まっているのでしょうが、
たまにしか使わないものは、意外と見つけにくいものです。

しかも、フォルダを使ってアプリを分類していると、
フォルダの中を開いて見なければなりませんし、

しかも、フォルダ内のアプリが多いと
右にスクロールして発見しないといけません。

アイコンだけで認識できる場合はいいですが、
多くの場合はアプリ名で認識しないといけませんから、
探しだすのに時間がかかります。

自分の経験から言えば、結構見落とします。

こういうときは、iPhone内の検索機能である、
「Spotlight(スポットライト)」
を使います。

iPhoneで「Spotlight(スポットライト)」を使う

iPhoneでiPhone内を検索したいとき、
「ホーム」画面から、下にスワイプして
検索窓を出します。

検索窓にアプリ名を入力すると、該当するものを見つけることができます。
こうすることで、アプリを簡単に見つけることができます。

ただ、この時アプリ以外にも予定やアドレスなども検索します。
検索対象を絞りたいときは、「設定」画面で検索対象を
決めることができます。

「メール」や「ミュージック」など、検索が不要なものは
チェックを外します。

こうすることで検索が速くなります。
アプリを探す場合は、「App」のチェックは
付けておいてください。

このようにSpotlight機能を使うと、自分がダウンロードした
アプリの中から、探しているアプリ効率よく探し出せます。

「BiduのWeb検索結果」って、中国向けの設定じゃないのかな?
なぜ日本向けに出ているのだろうか?



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする