iPhoneは通話中に画面が消える 誤動作防止が必要な理由


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

スマホで通話中に画面が暗くなるのは…

スマホで電話するとき、画面が暗くなるのは知っていますでしょうか?
これはスマホがタッチパネルのため、頬や耳がさわって
画面をタッチしたかのようにご動作を防ぐための機能です。

はじめてiPhoneでこの機能を知ったとき、
なんと気が利くものだと思ったものです。

スマホには近接センサーというものが付いていて、
通話中に近接を感知すると画面を暗くするのです。

暗くするだけではなく、画面の操作に反応しなくなりますので、
耳や頬が当たってご操作につながることを防ぎます。

携帯電話の液晶をタッチパネルにするということは、
こういうことまで対処しなければならないんだと
改めて感じたものです。

画面を耳から離すと明るくなる

反対に、話が終わってスマホを耳から離すと、
画面が明るくなります。
こうして、電話を切るなどの操作ができます。

iPhoneの場合、近接センサーは次の場所にあります。

例えば通話中(留守電への通話でも)に、近接センサーを指で塞ぐと
画面が暗くなるのが試せます。
指を離せば明るくなります。

なるほど、よくできています。

結構多い近接センサーの誤動作

iPhone・アンドロイドともこの近接センサーの誤動作がありました。
誤動作するというのは、通話中でも画面が暗くならず、
耳や頬の接触によってスマホが予期せぬ動きをしてしまうことです。

誤動作の原因は、アンドロイドやiOSそのものの問題もあれば、
液晶保護シートや化粧が付いて誤反応することもあるようです。

誤反応すれば予期せぬ動きをすることになりますから、
近接センサーをきれいにしたり、保護シートが近接センサーを
ふさいだりしないように気をつける必要があります。



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする