スマホの2年更新が近づいたら、格安に乗り換える大チャンス


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

スマホ料金が重い×2年しばり、かけ放題2,700円、データ通信量(2GB)3,500円、ネットの基本料300円、端末代約1,500円、計(税抜き)約8,000円…「大手の携帯電話会社って何がいいの?」

2年しばりから解放されよう

大手の携帯電話会社の「2年しばり」でなかなか格安スマホに乗り換えられない

そんな不満をお持ちではないですか?

2年しばりから解放されたら乗り換えようなどと思っていたら、いつまで待ってもそのときは来ません。

それには理由があるのです。

2年間の契約と端末代金の2年の支払い、これが同時には終わらないのです。

その結果、解約手数料が発生しない「更新月」がやってきても、端末の残債があるのでやめられない、ということなのです。

端末代金の支払いが終わったときには、2年の更新月じゃないので解約手数料が約1万円発生します。

だから、やめるにやめられず、永遠に大手の高い料金を払い続けることになるのです。

これが大手携帯電話会社がやっている2年しばりの正体です。

スマホ名人はとっくの昔に格安スマホに乗り換えています。

以前はソフトバンクで月額7000円以上を払っていましたが、今は月額はわずか1800円ほどです。

データ通信量はソフトバンクで加入していた2GBより多い3GBです。

通話はほとんどしませんので、ときどきしか通話料金が発生しません。

動画をガンガン見ることもなく、電話を長時間することもない、そんな人であれば、月々2000円以下は無理のないプランです。

どうやって私が大手の2年しばりから逃れたかといえば、最終的には違約金を払ってやめました。

上に説明したように、どうやっても契約の切れ目の更新月と、端末代金の支払いが同じ月にならないからです。

違約金を払うときには、

「こんなに長い間高いお金を払ったのに、やめるときまでお金を取るのか!」

と腹立たしい気持ちではありましたが、大手の2年しばりから逃れようとするなら、これもやむなしなのです。

その代わり、格安に乗り換えたら料金的には天国です。

解約金や新しい格安スマホの契約事務手数料、NMP予約番号発行手数料など、一時的には支払いは増えましたが、

翌月から月額料金は1/3以下になったわけですから、3ヶ月ほどで元は取れました。

長期で見たら格安スマ本乗り換えた方が圧倒的にお得なので、一時的な支出を思いきる気持ちが必要なのです。

「損して得取れ」ということですね。

2年しばりのワナ

改めて、大手携帯電話会社の2年しばりとは何なのか、よく理解しましょう。この理解が乗り換えるモチベーションになります。

2年しばりとは、大手の携帯電話会社と契約した際に、契約から2年後の更新月以外の月に解約すると、解約手数料として約1万円が発生するという制度から命名されました。

契約当初の2年間だけの話しではなく、2年後の更新月に解約や他社への転入などの手続きを何もしないと、2年契約が自動更新され、そこからさらに2年間の契約が続いてしまいます。

自動更新されてしまうと、さらに2年後の更新月までは、解約時に手数料約1万円がかかるというものです。

解約手数料に1万円がかかるということが心理的負担になり、解約しづらいことから「2年しばり」と呼ばれています。

多くの人はこの2年しばりから解放されるチャンスである、「更新月」をご存じの方は多いと思います。

「更新月が来たら格安に乗り換えようかな?」と悩んでいると思います。

でも、格安スマホに乗り換えてきた経験からいえば、「更新月のことは忘れた方が良い」のです。

どういうことかというと、更新月が来るから他社に乗り換えるか、格安に乗り換えるか検討しよう、という考え方は捨てた方が良いのです。

これから詳しく解説しますが、契約の2年区切りにかかわらず格安に移行した方が結果的にお得、ということです。

だから、2年契約のことを気にしすぎてずるずる契約を続けるより、安くしたいなら思いついた段階で格安に移る、ということが結果的にプラスなのです。

そのために解約手数料を払ったって安いもんなんです。

ローンが残っているからやめられない

携帯電話会社の契約を縛るものには、2年しばりだけじゃありません。実はもう一つあるのです。

  • 2年しばり
  • 端末代金のローン返済

この2つなのです。

多くの方は端末代金をローンを組んで払っています。

いざ解約しようと思ったときに、他社へ変えようと思ってMNP(電話番号引き継ぎ)の窓口に電話すると

「まだローンが○ヶ月残っています。
その残額は○万×千円です」

と言われ、「えっ?!そんなに!?」と気づかされます。

そうなんです。2年契約が終わったから乗り換えしようと思ったら、まだスマホの残債が残っている人も少なくないのです。

そのわけは、契約が2年経過し更新されるタイミングと、端末の支払いの2年が常に同じタイミングにならないからなのです。

なぜそうなってしまうかを説明しますね。

解約すると端末のサポート代がなくなる

本来のスマホ本体の返済額は、端末の価格によりますが月々3,000円ほどなのです。ところが、実際の返済額はそれほど高くありません。

それは、携帯電話会社がサポート代をとして負担してくれているからなのです。

このサポート代も実は大手携帯電話の方が得ではないかと勘違いさせる大きな理由なのです。

たとえ、端末代が月額3000円でも毎月2000円や2500円ほどのサポート代金を受けて、実質的な支払いは月額500円や1000円という場合も少なくないのです。

その代わり、高い通信料金を払い、2年しばりに縛られ、長期間高い料金を払うことになるのです。

2年しばりでやめることもできず長期で高いお金を払うことになっているのです。

携帯電話の契約を解約すると、このサポート代がなくなり、サポート代のない本来の金額を支払わないといけなくなるのです。

こうした、契約の更新月と端末のローン支払いの不一致は、契約から丸2年が過ぎた以降に発生しやすいのです。

更新月に新しい端末に切り替えた人は、契約の2年と端末代金のローンの2年は一致していますが、多くの人はこのタイミングでは必ずしも端末を切り替えません。

なぜかというと、スマホの性能は良くまだまだ使えるから端末を機種変更しないからです。

こうして、機種変更の時期をずらした人は、更新月にはまだ端末のローン期間が残っているのです。

この期間分は、サポート代なしに端末代金を支払わないといけないのです。

これでまたやめられなくなるのです。

端末の残債がなくなったら解約するのが良い理由

つまり、更新月とローンの支払い完了の時期がずれている人は、いつまでたっても「スッキリ切り替えられる時期が来ない」のです。

だから、更新月を待っていてもうまく利用できないのです。

それで、スマホ名人がオススメするのは、端末の代金がゼロまたはゼロに近くなった時点で更新月じゃなくても解約してしまうことです。

1万円の解約手数料が発生しますが、格安に変更すればその分毎月の支払額はグッと減るので、2ヶ月や3ヶ月で元を取れるのです。

一時的な出費を覚悟すれば、長期的には毎月のスマホ代をガツーンと安くできるのです。

「一時的に損しても、長期的に得する」ということなのです。

どうでしょうか?そう思いませんか?

格安スマホへの乗り換えと端末買い換えは分けて考える

こうやって、乗り換える腹が決まったとすると、今度の問題はどの格安スマホに乗り換えればいいのか?ということですよね?

格安スマホの選び方のポイントはいくつか気をつけるべきことがありますが、

最もお得に乗り換えるには、端末そのままに乗り換えることを考えましょう。

大手の携帯電話会社で乗り換えするとき、端末を捨てて新しいものを購入することが欠かせませんでしたが、今はそうではありません。

大手の携帯電話会社で購入した端末そのままに乗り換えることが可能です。

なぜ端末そのままに乗り換えるのがいいのかと言えば、端末を買い替えると、端末代はもちろん発生しますし、端末のデータも移し替えないといけないからです。

ガラケーの時代と違い、スマホの中に入っている情報量は桁違いに多いのです。アドレス帳だけ移しただけではまったくダメなのです。

ですから、端末の乗り換えはたいへんなので、

格安スマホに乗り換えるのと端末を乗り換えるのは別々に行った方が良いのです。

そうすると、まず格安スマホにすることで料金を下げておけば、次に端末を買い替えたいタイミングで買い換えればいいのです。

オススメの格安スマホ

スマホ名人がオススメする格安スマホは、「マイネオ」です。

価格が安いということだけでなく、パケットが余ったときにあげたりもらったりすることが、業界で最も幅広く対応しています。

通話が多い人にも対応できるように、10分以内の話し放題プランが大手の半額で加入できますので、大手でかけ放題を便利に利用していた人はマイネオでも利用できます。

大手では5分以内の通話かけ放題が月額1700円ですが、マイネオでは10分以内の通話がかけ放題で料金は半額の850円です。

大手なら2年間契約に縛られ自動更新もされますが、マイネオなら契約後の半年間だけです。しかも、通話契約をする場合だけです。

契約から半年経過したら、解約はいつでも可能なのです。

マイネオは満足度が高いので半年で解約する理由はないのですが、それでも例えば急に海外に赴任するから不要になったとか、そんな場合だって安心ですよね。

こんなお得なマイネオをおすすめします。

格安SIMへの乗り換えなら、端末そのままが最も安上がりで、その上簡単!(1)端末代金不要!(2)データの移し替え不要!
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

格安スマホの各社のプランの比較の詳しい解説はこちら

端末そのままに料金を安くすることができるマイネオのメリットを解説しています。

少しの手間を惜しまない

繰り返しますが、スマホの料金を安くするには、大手の携帯電話会社のスマホをやめて、格安スマホにすることになります。

言葉で言うとたったこれだけのことですが、これを実践できない人が多いのです。

やることは、

  1. 10分20分ほどパソコンやスマホで申し込むこと
  2. SIMというチップが届いたら今のスマホのチップと入れ替えること

たったこの2つです。

この作業だけならすべて合わせても早い人なら30分、長くかかっても1時間くらいの作業です。

これだけで、毎月3,000円〜5,000円もスマホ料金を下げられるのです。

小さな手間ですけれど、なかなか人はその手間をやりたがりません。

その手間を惜しむことなくやれる人は毎月の料金を安くできます。その手間が面倒と思う人は高い料金を払い続けるしかありません。

作業自体は大して時間はかかりません。ちょっとした手間を惜しまなければできます。

スマホの料金を下げられるかどうかは、重い腰を上げて動くかどうか、その気持ちにかかっています。

毎月3,000円〜5,000円も浮いたお金ができたらどうしましょうか?^^

おいしいもの食べてプチぜいたくする?
宝くじで一攫千金を狙う?
貯金して旅行に行って自由を満喫する?
フィットネスクラブやエステで痩せて恋人見つける?

毎月3,000円も浮いたお金があったら、いろんなことができちゃいますよ。

スマホ代が安くなったら、プチぜいたく♥〜旅行でほっこり、ワインをお持ちしました、エステとジムで恋人作るぞ、宝くじで一攫千金
スマホ代を安くして人生を変える!

スマホ料金を安くして人生を変える!?〜6ヶ月間で5,400円割引だからさらにお得

もっと格安スマホのことについて知りたい方は、次の記事でご紹介しています。

格安スマホに乗り換えるもっともお得な方法は、今の端末をそのままに乗り換えることです。格安スマホに乗り換えるとはどういうことか、わかりやすく説明しています。



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする