スマホの2年契約を解約するなら、端末そのままがお得な理由


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

スマホ料金が重い×2年しばり、かけ放題2,700円、データ通信量(2GB)3,500円、ネットの基本料300円、端末代約1,500円、計(税抜き)約8,000円…「大手の携帯電話会社って何がいいの?」

格安スマホにして料金を下げたいけれど、どうしたらいいかわからなくて止まっていませんか?

大手携帯電話会社の月額料金は安いプランが出てきているとはいえ、端末代金抜きでも7,000円を超える金額になってしまいます。

高いですよね?これをこの先ずっと払うのかと思うと、結構悩ましいですね(汗)

で、格安スマホに乗り換えたいとは思うものの、もう一歩が進まない、そんな状況ではないでしょうか。

ですけど、わかってしまえば、格安スマホへの乗り換えは難しいことはありません。

すごーく簡単に言ってしまうと、今のスマホに入っているSIM(シム)というチップを格安スマホの会社のものに変えるだけ、ということです。

乗り換えできた後から考えると、「何だ、たったこれだけのことで月額が数千円も安くなるんだ」と驚くに違いありません。

その格安スマホへの乗り換えの最も簡単な方法は、今のスマホをそのままに乗り換えることなのです。

端末を新たに購入するとデータを持っていかないといけませんし、新しい端末のセットアップも欠かせません。

新しい端末は嬉しいのですが、使えるようになるまでにとても時間がかかるのです。

これまでは、ガラケーの時は携帯電話会社が変われば端末も変わる、というのが常識でしたが、いまはその制約はほとんどないと言っていいのです。

ですので、端末を新しくするのではなく、まずは今の端末をそのままに格安スマホにするのです。

何も使い勝手は変わらないのに安くなる、それこそが格安スマホに乗り換える最大のメリットなのです。

大手が安くなっているというのは幻想

「総務省が安くするように言っているから、大手のスマホ料金も下がってきているじゃない」と思っている人もいらっしゃるでしょう。

確かに見かけ上は安いプランが登場しています。

でも、その恩恵は実は余り大きくないってことをご存じでしょうか?

大手携帯電話会社は、総務省の要求には表面上応えていますが、実質的にスマホの料金が下がる人は多くないのです。

何もしなくても一律に下がるようにしてくれたら嬉しいですけど、そんなことはしてくれません。

自分で手続きをしないといけないのですが、プランの話を聞くとギョッとさせられます。

たとえばソフトバンクのプランでは、1GBのデータ通信量が2,900円、これにかけ放題Sが1,700円、S!ベーシックパック300円の計4,900円でスマホが使えると言っています。

でも、実際1GBでは容量が少なすぎて心配な人も入るでしょうし、通話が少なくてかけ放題なんて要らない人でもかけ放題の契約が前提になっています。

1GBの小容量の場合には、端末の代金を補填するサービスがなくなるため、端末代を含めて計算するとかえって高くなるという逆転現象も起きます。

だから、たった1GBのデータ量しかないにもかかわらず、4,900円「も」払わされることになるのです。

auのピタットプランは安くなったといわれますが、ピタットプランを選ぶと端末代金の補填サービスがなくなります。

また、契約変更の時点から改めて2年契約が始まるため、そこでリセットされて2年しばりが改めて始まるのです。

こう考えると、料金の安いプランに乗り換えてメリットのある人は限られるのです。

スマホを安く使いたいのであれば、大手の携帯電話会社でプランをあれこれ探すより、格安スマホに乗り換えた方が圧倒的に下げられます。

格安スマホではなぜマイネオをおすすめするのか、その理由を解説します。

どうやって格安スマに乗り換える?

「格安スマホに乗り換えるのは簡単ですよ」

今でこそこんなことをいえる僕ですが、最初はみなさんと同じで「格安スマホって何だ?」と思っているものの、なかなか踏み出せなかったのです。

雑誌の記事やWebサイトを読んで読んで、それでもわからず、ヨドバシカメラの格安スマホコーナーに行って説明を聞いて、少しずつ謎解きをしていったのです。

そしてやっと、「格安スマホとはこういうことか!」とわかったので、自信を持って乗り換えたのです。

やってみたら、「意外と簡単だった」というのが答えでした。

わかってしまえばタネも仕掛けもないのです。

(本当はタネも仕掛けもあるんだけれど、タネがわかってしまえば怖さも驚きもないですからね。)

制約が少ないのが格安スマホ

大手携帯電話会社は三重苦?「2年しばり」×「SIMロック」×「高料金」、格安SIMなら…「通話契約ありなら1年必須」×「SIMフリー」×「低料金」

格安スマホのメリットについてご存じですか?

格安スマホにするだけで月々3,000円下がるとか、半分以下の料金で済むようになると聞くでしょう。

これらは決してウソの話しではないのです。

「でも、そんなに簡単に値下げできるなんて何か裏があるのでは?」と心配になるかもしれません。

でも全くそんなことはないのです。

反対に、格安スマホがあれだけ安い料金を出しているのに、大手の携帯電話会社が高い料金というのもおかしいくらいなのです。

大手のスマホも、格安スマホも違いはありません。

だって、iPhoneはアップルが作っていますよね?日本の携帯電話会社は輸入して売っているのです。

iPhoneじゃないスマホ(アンドロイド)はどうでしょうか?

こちらは検索大手のグーグルが開発しています。そしてメーカーは世界中にいます。

つまり携帯電話会社は「回線網」を提供するのが大事な仕事で、スマホ自体はiPhoneかアンドロイドかの違いはあっても、どこのものを使ってもできることは大きく違わないのです。

それどころか、大手のスマホは「SIMロック」といって、100日経過して手続きするまでは他社の電波では使えないようになっているのです。

知っ得2015年5月以降に発売された機種では、100日経過後からSIMフリーに変更できるようになりました。

反対に、ほとんどの格安スマホは「SIMフリー」になっており、どこの会社の電波でも使えます。海外に行っても海外用のSIMを挿せば、海外でも普通に使えるのです。

反対に大手のスマホは、SIMフリーに変更していない限り海外では1日あたり高い料金を払って使うことになるのです。

安い上に、どこの電波を使ってもいいSIMフリーの端末があるのに、料金が高く1つの回線しか使えない大手の携帯電話会社のスマホを使い続けることに価値はあまり感じられません。

「格安スマホと言ったって、ちょっと安いだけじゃないの?」

そういって馬鹿にする事なかれ。

生涯費用としてどれだけ違うか見てください。

こういった事実を正しく知れば、格安スマホにしない理由は見当たらないのです。

大手の携帯電話会社で毎月8,000円を払っても、格安スマホで安くしても、できることに違いはないのです。どうしたら安くできるのか、1,000円から始めるスマホのことも解説しています。

生涯費用では数百万円もの差

仮に大手の携帯電話会社の月額料金が8,000円とします。

格安スマホに変えたとき、同じ程度の契約にした場合、端末を買ったとしても月額料金はせいぜい2,500円から3,000円ほどです。

※通話は月に30分程度と想定しています。

この場合、月々の費用の差は約5,000円となります。

年額で6万円、10年で60万円、20年で120万円の違いになってきます。

スマホはこれからももっともっとできることが増えて、スマホがますます手放せない存在となっていくことは間違いありません。

ということは、この料金が将来にわたって、おそらく死ぬまでかかる費用になるのです。

あなたの身の回りにいるお年寄りのことを考えてみてください。

お父さんやお母さん、おばあちゃんでも良いのです。

死ぬ間際まで携帯電話の契約を続けていませんか?

ガラケーですら、死ぬまで契約をやめないのです。

スマホはもっと便利ですから、どうやっても手放せないのです。これからますます便利になるからこそ、もっと手放せないのです。

一生必要な道具だからこそ、早いうちから安くしておくことが大事なのです。

スマホはスマホで違いがない上、料金は生涯で数百万円も違うんです。

それでも格安スマホにするのをためらいますか?

大手の2年しばりから逃げる〜格安スマホの最低利用期間は6ヶ月か12ヶ月

スマホは2年で更新しますか?性能が良く価格が安い端末が増えて、乗り換えの選択肢は広がっています。契約中の端末をそのまま使うことも良いですが、格安からお得なスマホを見つける方法もあります。スマホは2年たったら更新するか乗り換えるか検討しましょう。

格安スマホは通信が遅い?

格安スマホの通信速度が遅い、そう言われています。

確かにこれは事実でしょう。

家電批評など大手と格安の通信速度を定期的に測って公開しています。それを見る限り、格安スマホは大手の携帯電話会社の通信速度より遅いのです。

なぜでしょうか?

それは、格安スマホが大手の回線を借りているからです。

どれだけの量を借りるかと利用者の数によって通信速度は決まります。格安スマホは料金を安くするためにも、なるべく最適な量を借りてユーザーに提供します。

その結果、利用者数がグンと増える時間帯は全体として遅くなってしまうのです。

ただ、理解して欲しいのは、格安スマホの通信速度は実用にならないほど遅いわけじゃないということです。

朝や夜、昼食時など、人が多くネットを使う時間帯に遅くなりがちということなのです。

通信業者や利用者数によって違うので一概には言えませんが、まったく使えないような遅いものではないのです。

僕個人の感触としては、「う〜ん、ちょっとレスポンス悪いな」とは思う時はあるものの、料金を考えると許容範囲です。

だから、「格安スマホ=使えないほど遅い」という考えは捨てた方が良いのです。

反対に、大手の通信速度を得るために、毎月5,000円も高く払う必要性は僕はないと思っています。

もちろん、仕事などの関係で通信速度が必要な必要な人はいると思いますし、スマホに何を期待するか、という問題と思います。

一つお伝えしますと、格安スマホにも例外があって、UQモバイルとワイモバイルは通信速度が速いのです。

なぜでしょうか?これはこの2社が大手の携帯電話会社の系列の会社だからです。

UQモバイルはau系列、ワイモバイルはソフトバンク系列なのです。

系列の会社だから高速の通信速度が出せるのだと、格安スマホ会社は総務省に改善を求めているくらい不公平感があります。

そんなわけで、今のところ通信速度の速い格安スマホを利用したかったら、UQモバイルかワイモバルが選択肢です。

ただし、忘れてはいけません。

UQモバイルもワイモバイルも他の格安スマホよりは値段が高いです。

そして、2年ごとに自動的に契約が更新され、解約しようとすると解約金が発生する「2年しばり」もあります。

少し値段が安い大手の携帯電話会社、ってことです(笑)

では、この後格安スマホへの効果的な乗り換え方法をご紹介しますね。

端末そのままで安くする

最初の方で少し説明しましたが、格安スマホに乗り換える最も簡単な方法は、今のスマホをそのままに乗り換えることです。

携帯電話会社を乗り換えるときに端末も換えた方がいい、というのは過去の話です。

以前はSIMロックされた端末が主流で、大手の携帯電話会社の間で乗り換えると端末が使えなくなるので、端末を買い替えるしかなかったのです。

しかもそのとき、乗り換えをしやすくするために、大手の携帯電話会社は毎月端末代を負担してくれるので、端末購入にかかる負担が少なかったのです。

それで、携帯電話会社を変えると端末を新しくするのが当たり前と思ってしまったのです。

ところが格安スマホに乗り換えるとき、そんなことは必要ありません。

端末を乗り換えれば、データを移行したり、セットアップをやり直したり、何かとたいへんなのです。

そんな面倒なことをしなくても、端末をそのままに安くする、これが格安スマホに乗り換える最大のメリットなのです。

通話は話した分だけ

大手の携帯電話では、国内ならどれだけ話しても通話料が定額の通話し放題や、5分以内の通話なら定額の通話し放題ライトというプランへの加入がほぼ必須です。

ビジネスパーソンでない限り、今や通話をする人は減っています。LINEがあればLINE電話でキレイな音声で通話できます。

余談ですが、LINE電話は音声通話の回線よりよほど音質がキレイです。

電話をほとんどしないのに毎月2,700円(ライトは1,700円)も払って通話定額にする理由がありません。

そう思いません?

ですので、格安スマホでは月々800円ほど払って通話契約をしておき、通話した分だけ払う料金体系が主流です。

これだと、通話が少ない人には月額料金を安くできるメリットがあります。

もし、月にまったく電話をしないなら、通話契約の800円すらも必要ありません。データ通信だけ契約して、データ通信料だけを払えば良いのです。

格安スマホの契約は何と良心的なプランでしょうか。

反対に通話の多い人なら、通話し放題のプランを選ぶこともできます。

そういった、使う人の使い方に合わせたプランが選択でき、その結果非常に安くできるというのが格安スマホなのです。

どうでしょうか?

それでもまだ大手の携帯電話会社がいいですか?

ムダな通話し放題をやめる〜通話契約なしでもOK

格安スマホ選びのポイントは3つ

格安スマホを選ぶとき、何に気をつけたらいいかというと3つです。

・通話を付けるか
・データ通信量を何ギガにするか
・どこの携帯電話の電波を使うか

この3つに対して何をすればいいかをわかっていれば、難しいことはありません。

一つひとつ解説しましょう。

通話を付けるか

通話を付けるかどうかは今どのくらい通話しているかで決めます。ほとんど通話をしていないなら、通話契約をしない方法もあります。

もしくは、050ではじまる電話番号が手に入るLINE電話などを利用するのも一つの手です。

とはいえ、電話番号が必要な人は、通話の契約が必要です。通話契約をするというのは、090/080/070で始まる電話番号を持てる、ということなのです。

今どきは、固定電話を持たない人も多いですし、ずっと使える電話番号としては携帯電話番号を持つのも良いでしょう。

電話番号を持つだけで、月々800円ほどかかりますので、その点はどうするのが良いかご自身で判断しましょう。

今の電話番号をそのまま使うのであれば、MNP(ナンバーポータビリティ)で電話番号を新しい携帯電話会社で使えるようにします。

MNPを使う場合、新しい携帯電話会社に切り替えた瞬間、今の携帯電話会社との契約は自動的に切れますので便利です。

データ通信量を何ギガにするか?

最も悩ましいものの一つがデータ通信量を何ギガで契約するかです。携帯電話ではギガという単位はいくつか登場しますが、ここでは1ヶ月に使える契約量のことです。

これはスマホをお使いの方であれば、今契約している携帯電話会社のサービスにログインすると知ることができます。それよりも大きい単位で選べば良いでしょう。

1ギガ未満の人であれば1ギガを選べば良いでしょうし、2ギガほど使う人なら3ギガを選べば良いでしょう。

難しいのは10ギガ以上使うような人です。10ギガ以上ともなると、どこの携帯電話会社でもプランが用意されているというわけではないのです

料金もそこそこ高くなりますし、プランの選択は重要になります。

どこの携帯電話会社の電波を使うか

最後にどこの携帯電話の電波を使うかです。

あなたが使うエリアでの電波の入り具合も関係するだけじゃなく、お使いのスマホがSIMロック端末であれば、今のスマホを使い続けるなら同じキャリアの電波を使う格安スマホを選ぶ必要があります。

簡単に言えば、ドコモで買ったスマホならドコモ回線、auで買ったスマホならau回線、ソフトバンクで買ったスマホならソフトバンク回線を使う格安スマホの会社と契約をします。

SIMロック端末とは、2015年5月以前に発売された機種のことで、購入した携帯電話会社の電波しか使えません。

反対にSIMフリー端末であれば、携帯電話会社はどこでも良いのです。2015年5月以降に発売された機種は、100日経過後にはSIMフリーにすることができます。

それぞれ購入した携帯電話会社で手続きが必要ですが、手続きをするだけでSIMフリーになります。

解約するとSIMフリーにできる期間に制限が出ますので、解約の前にやっておくと他社に移るのも海外で安いSIMを使うのも自由にできるようになります。

SIMフリーの手続きをすることと、その携帯電話会社を解約することはまったく別の話ですので、SIMフリーの手続きをしても今の契約に何も問題はありません。

格安スマホの選び方

では、オススメの格安スマホをご紹介しましょう。これまで書いたスマホ選びの基準をもう一度整理しながら選んでいきますね。

端末がSIMフリーかどうかによって、選ぶべき格安スマホの会社が変わります。

どこの電波を使うかは端末で決める

SIMフリー端末だと、ドコモ、au、ソフトバンクのどの電波でも使えます。

SIMロック端末だと、購入した携帯電話会社の電波を使う必要がありますので、ドコモ、au、ソフトバンクのどの電波を使うかで格安スマホの事業会社が絞られてくるのです。

現在のところ、1つの格安スマホ事業者でこの3つの電波のどれでも対応できるところはありません。

ですので、どこの携帯電話会社の電波を使った格安SIMなのかに注意が必要です。

世の中の格安スマホの会社は、ドコモ、au、ソフトバンクの中から1社を選択している会社と、ドコモとauを提供している会社があります。

auの電波を提供している格安スマホの事業者は、

・マイネオ
・IIJ Mio
・BIGLOBEモバイル
・UQモバイル

になります。

ソフトバンクの電波を使う格安スマホの事業者は、

・U-mobile
・b-mobile
・nuro mobile
・ワイモバイル

ドコモはそれ以外の会社で提供しています。

・OCNモバイルONE
・マイネオ
・IIJ Mio
・DMMモバイル
・楽天モバイル
・LINEモバイル
・U-mobile
・b-mobile
・nuro mobile
・スマモバ
・トーンモバイル
・BIGLOBEモバイル
・J:COMモバイル

と結構多数あります。

まず電波を選ぶ必要がありますが、今お使いの端末がSIMフリーでないなら、今お使いの携帯電話会社の電波と同じものを使いましょう。

端末がSIMフリーで購入した、またはSIMフリーの手続きをしたのであれば、電波はどれを選んでも動作します。

ただし、電波のエリアは大手のエリアと同じですので、自宅や勤務場所など、ご自身が使いところで使えるかを各携帯電話会社のエリアマップで確認しましょう。

電波は決まっても、その中から一つ選ぶというのがみなさん悩まれることだと思います。

その中から管理人が厳選した1つをご紹介します。

ドコモ・auならマイネオ、ソフトバンクならb-mobileをオススメします。

たくさんある通信業者の中からこの2つを選んでいる理由をまとめると、下のように言えます。

<マイネオ>

格安スマホの初期の頃から取り組んでいて、安定しているところが安心感です。

今なら、6ヶ月間900円割引で、5,400円がお得に契約できます。

【特徴】
・ドコモかauの端末、SIMフリー端末ならそのまま使える
・料金は格安最安値ではないが、大手の半分以下と十分に安い
・1日を通して安定した通信速度を提供している
・ユーザー同士のパケットシェアが業界一進んでいる
・10分通話し放題サービスも850円で選べるので通話の多い人も大丈夫
・最低利用期間が6ヶ月と短い
・端末を買いたい場合もラインナップが多い
・iPhone(旧機種)も購入できる

端末そのままで料金を下げる〜ドコモ・au端末ならそのまま乗り換え

格安スマホではなぜマイネオをおすすめするのか、その理由を解説します。

<b-mobile>

ソフトバンクの回線は、格安SIMとして提供してからまだ時間が短いため、高速に使えるメリットがあります。

使った量に応じた料金体系なので、ムダが少ないのが利点ですが、10GBなど大容量になると格安とは言えない料金になるので、大容量を使う人はソフトバンクの30GBや50GBの契約と比較した方が良いでしょう。

【特徴】
・ソフトバンクの端末、SIMフリー端末ならそのまま使える
・月1GBまで990円と大幅に安い料金体系である(大容量では要注意)
・使った量に応じた料金体系でムダがない
・1日を通して高速な通信を提供している
・5分かけ放題がわずか500円と安いので通話の多い人も大丈夫
・最低利用期間が5ヶ月と短い

詳しく知りたい方のために、これからそれぞれがどうしてなのか解説していきますね〜。

格安スマホの比較項目

格安スマホに限りませんが、携帯電話会社を選ぶときざっと比較すべき項目はこれだけあります。

・データ通信料金
・通話料金(基本料、通話料)
・通話し放題の有無
・MNPの可否
・最低利用期間
・データシェアの範囲
・(実質の)通信速度
・エリアの広さ

もちろん、このすべてがみなさんにとって重要ではないものもありますので、関係ないものは考えなくていいのです。

例えば、通話を必要としない人なら、通話料金や通話し放題、MNPの可否などはまったく関係がないのです。

格安スマホの比較〜DMM, U-mobile, nuro, J:COM, 楽天, OCN, Biglobe, IIJ, マイネオ, LINE, スマモバ, b-mobileを比較、3GB/5GB/10gbの順に安い順で並べた。価格で言えばそれほど大きな違いはないが、マイネオはパケットシェアが優位なのと、最低利用期間が短いことや、記載はないが割引があることなどが利点。

大手のスマホ料金を格安で下げる〜毎月のスマホ代が4,000円下がる

格安への乗り換えとはSIMの入れ替え

格安スマホに乗り換えるというのは、スマホに入れるSIM(シム)を契約した通信業者のものに差し替える、というたったこれだけのことなのです。

チップを差し替えたら、少しだけスマホの設定を変える必要がありますが、その作業はわずかです。

つまり、今の端末を使い続けるのであればやることはSIMという通信用のチップを差し替え、スマホの設定を少し変更するだけなのです。両方やっても10分ほどで終わるような作業です。

はっきり言って、どこの格安スマホにするか考えて、ネットで注文してSIMが届くまでの時間の方が圧倒的に長いんです(笑)SIMが届いたら格安スマホにするのは瞬殺作業です。

その手順については、iPhoneとアンドロイドで違いがありますが、設定の手目の手順書がSIMに付いてきます。その説明書を良いながらやれば問題ないです。

ただし、iPhoneの場合はネットにつながっていないといけません。自宅にWi-Fiがない人は、SIMを交換する前に手続きをし、その後にSIMを交換するようにしましょう。

「こんな簡単なことか!」おそらくほとんどの人はそう実感するに違いありません。

「こんなことならもっと速くやっておけば良かった」そう思うに違いないのです。

それでも格安スマホに換えるのを悩んでしまうようであれば、それはきっと今がそのタイミングじゃないのでしょう。

いいタイミングが来たら再度考えてみると良いと思います。

格安スマホにして失うものは1つ

大手の携帯電話会社でも格安スマホでも、スマホでできることはほとんど違いがありません。

唯一違うのは、「大手の携帯電話会社が提供しているメールアドレスがなくなること」です。

これだけはどうやってもなくなってしまいます。

だけど、この問題はスマホで新たに入手しているメールアドレスに切り替えていくことで何の問題もないのです。

反対に、メールアドレスのように誰でもただで手に入るもののために、数千円も高い料金を毎月払う必要などないのです。

ですから、大手携帯電話会社が提供するメールアドレスが大事と思っている人も一度考えてみましょう。

本当にそのメールアドレスじゃないといけないのかどうということですね。

格安スマホにして得られるもの

格安スマホにしたら、毎月数千円が安くなります。そのお金で何をしますか?

  • おいしい食事に行きますか?
  • 貯金して頑張った自分に大きなごほうびを買いますか?
  • スポーツクラブに行って痩せて、新しい出会いを探しますか?
  • スキルアップに投資して、給料アップの転職を成功させますか?
  • 毎月投信を買って、将来に向かって資産運用しますか?

その数千円、大手の携帯電話に払ったらそのまま消えてなくなるお金です。

自分の手元に残せることができたら、結構夢のあるお金に変身させられますよ。

それをするかどうか、それはあなた次第なのです。

スマホ料金を安くして資産を作る!?〜6ヶ月間で5,400円割引だからさらにお得



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 前回のブログ スマホ契約後2年経過時にどうしたらよいか(2) で、 […]