iPhoneとつながる補聴器は、難聴者との会話を変える可能性がある

iPhoneと補聴器がつながる意義

iPhoneとつながる補聴器がいくつかある。
アップルが補聴器と接続できるように
iPhoneに機能を追加したからだ。

何が良くなったのだろうか?

参考:スターキージャパン

iPhoneの音声が補聴器に届く

iPhoneと補聴器が無線でつながることによって、
iPhoneの音声が補聴器に無線で届くようになった。

この最大のメリットは、電話の音声などが
直接耳に入るようになることである。

補聴器は周囲の音を広い範囲で取り込んでしまうので、
結構雑音が多く入ってくる。

それに対して、iPhoneから無線で補聴器に音が入ることで、
雑音が少なくなって、とても聴きやすくなるのだ。

両耳に付ければ両方で聞けるようになる。
これは結構聞こえ方の差が大きい。

健常者でもヘッドホンで両耳で聞くのと、
片耳にしか入れないイアホンでは
ヘッドホンの方が聴きやすいはずだ。

補聴器の設定がiPhoneからできるのは便利

補聴器には聞こえ方や音量を設定する機能があるが、
これらは補聴器を買った場所(メガネ屋等)に行って
専用の器械で設定を変えて貰う必要があった。

ところが、iPhoneと連動して専用のアプリで変更できるので、
わざわざお店に向かわなくて良くなる。

これは結構メリットあると考えられる。

実際問題、補聴器を付けている人は
聞こえが悪いと感じていても、面倒くさがって
なかなかお店に出向かない。

そういう人でもアプリでカンタンに変えられるのは、
頻度は多くないとはいえ有効だ。

お店で設定を変える場合、結構静かなところで行うので、
自分が生活する空間に行ってみると、聞こえ方が
お店で設定した聞こえ方が必ずしもベストではないからだ。

位置によって聞こえ方を変えるって意外に使う

補聴器は使うシーンによって音の拾い方を選択できるようになっている。
代表的なものは、自宅や会議室のような雑音の少ない空間と
外や人の多い場所のように雑音の多いところである。

これを切り替えるのだが、実際には切り替えはうまくできない。
補聴器に付いているスイッチが小さいこともあるし、
本人が切替の必要性に気づかないこともある。

スイッチの切替が今どちらになっているかわからなくなり、
結局切替は使わなくなっていく。

そういう時に、iPhoneと連動して、
位置に応じてモードを自動で切り替えるのは有効だろう。

このようなメリットがあって、iPhoneと補聴器が
連動するのは、とても大きな進歩だと思う。

スポンサーサイト


特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする