SIM(シム)フリーでスマホをそのまま他社に乗換えが可能になる!


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

現在はSIMロックで他社に乗り換えできない

SIMロック、SIMフリーということばを聞いたことがありますでしょうか?
 ※SIM:シム、携帯電話番号を特定する固定の番号が記載されたICカード

SIMロックとは、携帯電話やスマホの本体を契約した
すなわち、本体を買った携帯電話会社でしか使えないように、
制限がかかっていることを言います。

現状では、ソフトバンク、ドコモ、auはすべてこの方式です。
※ごく一部で制限は解除されています。

したがって、高価な端末を買って使っている場合に、
他社に乗り換えようとすると、今の端末は使い続けられず
端末を買い換えなければなりません。

このことによって、他社への乗り換えを防ごうとしているのです。

2015年にSIMフリーになるのか?

一方SIMフリーは、他社への乗換えが可能なことを言います。
通信会社からSIMを買って交換することによって、
新しい通信会社のサービスを受けることができるようになります。

最近名前をよく聞くようになった、「格安スマホ」は
SIMフリー方式となっています。
もちろん、SIMフリーでないと他社から乗り換えてもらえません。

従来から日本の携帯電話会社はSIMロック方式を採用していますが、
スマホが普及して、端末が高価になったために、
乗換えがあまり起こらない状態になっているのです。

とはいっても、乗り換えして欲しい各社は、
NMPを使った乗り換えに多くの費用を払って
乗り換えを促していました。

そのような状況に、総務省から待ったがかかったのです。
2015年には、SIMフリーにするように
業界を動かそうとしているのです。

2年縛りも重い

SIMロックと併せて現行の携帯電話の契約で問題なのは、
2年契約が前提で、なかなか他社に乗り換えられないことです。

具体的には、途中で解約しようとすると1万円程度の
違約金が必要です。
違約金を払わない限り、他社への乗り換えはできないようになっています。

その違約金が発生しないのは、契約から2年後の1ヶ月韓だけで、
その時期を逃すと自動的に2年契約が延長する仕組みです。
そのことは携帯をお持ちのみなさんはご存知と思います。

このような精度を採用していることも正しい競争のためには
解決しなければなりません。

格安スマホが起爆剤

総務省がこのような現行電話会社のSIMロック、2年しばりを問題視し、
SIMロックは2015年からの解除(=SIMフリー)を目指しています。

その流れはまだ決定していませんが、格安スマホがたくさん出てきています。
格安スマホはほとんどSIMフリーとなっており、
月額料金のやすさを売り物に、携帯電話会社からの乗り換えを狙っています。



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする