シニアがスマホを使うには?

まずは興味のあることから始める

母は78歳である。
今年のはじめに父が亡くなり、
自宅に1人で住む母の様子が気がかりで

iPhoneで解決できないかと思って、
使用しなくなった旧型iPhoneを渡してみた。
今のところはiPhoneに慣れてもらうだけだ。
 フェイスタイム(テレビ電話)をする

できることは、
 写真を見る
 メールを読む
 音楽を聴く
 テレビ電話をする
の4つだけ。

規制している間、ゆっくり使い方を教える時間もなかったので、
当面使いそうなアプリ4つだけ使い方を教えたのだ。

写真にはこの前小旅行に行った時の写真を入れ、
音楽は好きなカラオケの練習用に大川栄策の局を
ダウンロードしておいた。

メールは孫の写真を送ろうと思っており、
ときどきフェイスタイムでテレビ電話を欠けるつもり。

iPhoneであれこれできるように難しい操作を覚えるというより、
母にとって興味が沸くことだけをとりあえずできるようにすることで、
何かしら続けて使ってくれたらなと思っている。

ケータイのメールは打てるので、
メールのやり取りは今まで通りケータイを使う。

私から写真などを送りたい時だけ、
iPhoneのメッセージを使う予定だ。

iPhoneの高機能をどこまで生かすか?

iPhoneでメールに返信しようとすると、
iPhoneの入力もしなければいけない。

だからといって、フリック入力など慣れるには時間がかかる。
キーボード切り替えの方式も違う。

こういうことを一つひとつ使いこなしていくことは結構大変だ。
だから母には入力方法を教えていない。

Seriという音声認識も使えるが、
それとて慣れるのは大変だから教えていない。

使いこなしてもらおうと無理に教えれば、
今やれているケータイメールすらやらなくなるのは
もっと怖いのだ。

だから、無理のない範囲で使ってもらっている。
その方がいいとこ取りできてその方がいいのだ。

妹はiPhoneに乗り換えさせようとしているが、
私はそれは止めている。

義母はしっかりWindowsとiPadを使いこなす

一方、義母の方はといえば、昔からかなり機械には強い。
おかげで、パソコンはもちろん、iPadも使いこなす。
家電製品も自分で電気屋に行って買ってきてしまう。

困ったときには、ヘルプデスクにまで電話している。
これはとても良いことだが、製品とは無関係のところに
かけて相談に乗ってもらっているのが笑える。

以前、こういうことがあった。
義母の自宅に私が無線LANを設置した。
その後、義母は無線LANでつながるプリンタを買ってつないだ。

どうしても無線LANにつながらず、
プリンターのヘルプデスクに電話をかけ
無線LANルーターの初期化まで教えてもらったというのだ。

その電話に応えるそのヘルプデスクもまた偉い。

こういう人は本当に羨ましい(笑)

スポンサーサイト


特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする