iPhone 6の選び方


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

iPhone6はもはや片手では操作できない?!

iPhone 6が発売されました。
今回の変更は「大画面化」です。

iPhone6自体もiPhone 5/5sより大きくなりましたし
iPhone 6 Plusでは解像度も上がりました。

やはりアンドロイドでスマホとタブレットの中間サイズが
人気が高いことを受けての今回の変更でしょう。

電車の中やちょっとした時に見るには
片手操作のほうが便利です。
ですから、片手で使っている人も多いと思います。

でも、今回持ってみて感じました。
もう「片手操作は無理だな」と
特に大画面のiPhone 6 Plusが欲しい人は両手が基本になると思います。

iPhone6PlusはiPadの代わりになるか?

今回、iPhone 6Plusを大画面化し、
iPhone 5までの画面サイズに不満のある人や、
iPadを併用している人にはとても魅力的なモデルになりました。

これまでのiPhoneはコンパクトさは良いのですが、
反対に、小さな画面は弱点でもありました。

ネットを検索した時に、位置画面に表示できる情報量に
限界があるので、どうしてもパソコンで見るよりも
不便に感じます。

そこでiPadを併用したり、画面サイズが必要なときは
パソコンを開くことになるのです。
しかし、それはそれでまた面倒なのです。

iPhoneで見ていた画面をiPadやパソコンで見るには、
iPadやパソコンで再度URLを打ち込んだり、
検索して開かないといけません。

  ※iPhoneとiPadであればiCloudで
   Safariのブックマークを共有できます。

だから、普段使っているスマホが大画面化することにメリットはあるので、
iPhone 6 Plusは魅力的に見えます。

今どき16GBの容量はとても中途半端

今回どうしても不思議に思うのは、iPhoneの記憶容量に
16GBを残していることです。

容量は、16GB/64GB/128GBの3つですが、
16GBでは実際容量が小さすぎるのです。

もちろん、使い方によるのですが、16GBでは
音楽などを大量に入れなくても、写真を撮ったり、
アプリを追加するだけで容量は足りなくなる恐れがあります。

今回、標準サイズが従来の32GBから64GBと2倍になったのですから、
16GBは無くして32GBにして欲しかったところです。

ここは何らかアップルの戦略があるのでしょうが、
購入時は64GBを選択したほうが
使い方に制約を受けにくいでしょう。



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする