【スゴ技】パソコンはシャットダウンしない


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

朝の仕事は30秒でスタートする

毎日の仕事にとりかかる時、多くの人はまずパソコンを起動すると思います。

パソコンの電源を入れてから、作業にかかるまでに何分かかりますか?

「とりあえず電源を入れて、コーヒー飲もう」

とやっているようでは、ビジネスパーソン失格です。

忙しいビジネスマンなら、「30秒」で仕事にとりかからねばなりません。

「そりゃ無理でしょ!?

パソコンの電源を入れてから、30秒では使える状態になりませんよ」

と言うかもしれませんが、そんなことはありません。

パソコンを30秒で使えるようにする方法はあります。

仕事を終わるときは「休止」モードで終了する

実は、ちょっとの事でパソコンを「30秒」で使える状態にすることができます。

しかも、その前に使っていたのと同じ状態のままで仕事を始められます。

「それって、電源を切らないことじゃないですか?

エコの現代でそんなことはできませんよ!」

という反論も聞こえそうですが、

もちろん、電源を入れっぱなしにするということではありません。

どうするかというと、

パソコンの「休止モード」を使うのです。

「休止モード」とは、パソコンの状態を丸ごとハードディスクに記録し、

完全に電源を切ってしまいます。

「休止モード」からは、ハードディスクに保存したものを読み込んで、

以前の通りの状態に復帰します。

まるで電源を切っていなかったかのように前と同じ状態に戻ります。

通常の性能のパソコンであれば、

「休止状態」からは30秒程度で復帰できるのです。

アプリケーションの状態はそのままですので、

メールを書きかけでも、文章を入力中でも、まったくその状態に戻ります。

パソコンの起動が遅いのは、初期化のため

Windowsは、電源を入れてログインし、実際に使えるようになるまでが長いです。

使えはしても、ハードディスクがカリカリ音を立てていて、

操作しても反応が鈍く実質的に使えない時間が長いです。

ログインしてからは、そのユーザーの設定を読み込んで

デスクトップなどの状態をそのユーザーの設定に初期化するので

結構時間がかかります。

休止モードを使えば、それらの作業は以前の起動ですでに

終わっているために、復帰が速いのです。

すなわち、30秒で仕事に取りかかれるというわけです。

休止モードの利用方法

休止モードを使うには、下の絵のように「▼」をクリックして

メニューを出します。

休止モードは標準では見えないので、スタートメニューのプロパティを開き、

電源ボタンの操作を「休止状態」に変更します。

休止モードから復帰したらUSB機器などが動かない時は

休止モードから復帰するのは便利ですが、ときどきうまく動作しないものもあります。

たとえば、USB接続している機器などです。

そういう時は、一度USB機器を取り外して再度接続しましょう。

こうすることによってほとんど問題なく動作します。

ブラウザの画面の動作がおかしい時は、「リロード」ボタンを

押してそのページを再度読み込んでください。

これは、たとえばログインが必要なサービスでは、時間が経過して

タイムアウトしたために、再度ログインが必要になるからです。

そういうこともたまに起きますが、ほとんどの場合問題なく復帰します。

それも30秒程度ですからとても高速です。

再起動しなくてお問題ないか

WindowsXP以降、動作は非常に安定していますから、

ずっと通電していると、1ヶ月くらい再起動しなくても問題ありません。

ただ、休止モードからの復帰を繰り返すと、やはり動作がおかしいことが発生します。

動きがおかしいなと思ったら、再起動しましょう。

感覚としては、1周間に1度くらい再起動しておけば、

割りと安定して動作すると思います。



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 前回のブログ「パソコンはシャットダウンしない」でも説明しましたが、 […]