iPhoneからオーディオ出力する 簡単に音を飛ばす方法


Adsense スマホ名人-Simplicity-記事上
スポンサーリンク

みなさんのiPod touchやiPhoneには多くの音楽がたまっていると思います。

音楽だけでなく、ラジオを聴いたり、YouTubeを観たりすることもあるでしょう。

iPod touchやiPhone, iPadで再生する音をオーディオで聴きたいと思ったことはありませんか?

その方法はいくつかあるのですが、ここではそれほど難しくなく、簡単に出来る方法を紹介します。

iPhoneのヘッドフォン端子とオーディオの入力端子をつなぐ

一番簡単なのは、ヘッドフォン端子とオーディオの入力端子をつなぐことです。

iPhoneのヘッドフォン端子はミニピンジャック、オーディオの入力は機器により違いますが、たいがいはRCAピンプラグと呼ばれるものでしょう。

たとえば、このようなケーブルです。

この接続によって、iPhoneの音楽をオーディオで聴くことができます。

お手軽ですが、この方法の最大の欠点は、

iPhoneをオーディオケーブルが伸びる範囲に持っていかないといけないこと

です。その制限が気にならなければ、かかるコストも小さく現実的です。

AirMac Expressを使う

iPhoneを手元に置いておきながら、オーディオでiPhoneの音楽を再生するには、

Appleが発売している、AirMac Express
という無線LAN機器を使います。

これって、自宅で無線LAN環境を作るために使うものと思っている人がほとんどと思います。確かにその機能が主ですが、音楽も飛ばすことができます。

接続の手順は次のとおりです。

  1. AirMac Expressは、オーディオの近くにある電源端子に差します。
  2. AirMac Expressとオーディオをケーブルで繋ぎます。
    AirMac Expressの音は、ピンジャックから出力されます。この出力は、アナログ出力と光デジタル出力の両方に対応しています。
    オーディオが光デジタル入力に対応している場合は、光デジタル入力端子につなぐことで、高音質で聴くことができます。

ただし、そのためにはピンジャックと光デジタル端子の変換ケーブルが必要です。

これは、アップルストアにて「AirMac Express Stereo Connection Kit with Monster Cables(Apple Store価格4620円)」を購入すると良いです。

接続ができたら、あとはiPhoneでAirMacに接続します。

その方法は次のようにやります。

  1. 画面の下部から上に指をスライドさせて「コントロールセンター」を表示します。
  2. 「AirPlay」をタップすると、自宅の無線LANが見えますので、それをクリックします。

これでiPhoneの音楽はAirMacに飛ぶようになります。とてもカンタンです。

iPhone用スピーカーを買う

新たにiPhone用にスピーカーを買う方法もあります。

すでにオーディオを持っていてそれを活用したい人には向きませんが、新たに買いたい人にはひとつの選択肢です。

たとえば、こういうタイプのものです。

まず一つ候補に挙げたいのが、BOSE(ボーズ)のコンパクトながら高音質のスピーカーです。

BOSEと言えば、小さなカラダから想像もできない音を出してくれることで有名なスピーカーです。

オシャレなお店などで昔から使われているスピーカーのブランドです。

家庭用にもたくさん使われていて、このスピーカーはスマホからブルートゥースで接続して音を再生します。

スマホはブルートゥースを備えていますので、簡単に音を飛ばすことができます。

更に、バッテリを内蔵していますので、持ち運んで10時間の連続再生が可能になっています。

コンパクトで高音質、持ち運べて無線でつながる、とても優秀なスピーカーです。

もう一つご紹介したいのが同じくBOSEのスピーカーです。こちらの製品は据え置き用として使います。

筐体が大きい分だけ、音の広がりが更にパワーアップしています。

このSoundTouch music system IVは、無線LANでスマホやパソコンから音を飛ばすことができます。

無線LANを使うため、ブルートゥースよりも遠くに飛ばせるのが魅力です。

ブルートゥースはせいぜい10メートル、無線LANは障害物がなければ100メートルほどです。

ですので、ブルートゥースであれば同じ部屋の中、無線LANなら家の中ならおおむね通信できると言えるでしょう。

音源(スマホやパソコン)とスピーカーがどれだけ離れているかで考えましょう。

高音質なスピーカーはBOSEだけでなく、他にもあります。JBLが好きな方はいるでしょう。

こちらはブルートゥースで接続するタイプです。

ブルートゥース接続であれば、たくさんの種類のスピーカーがあります。

価格や機能(バッテリ内蔵など)を見ながら決めると良いと思います。

以前は、iPhoneと一体化するタイプのスピーカーが多かったのですが、一体化は使いやすそうに見えますが、大きな欠点にもなります。

新しいiPhoneを買ったら、大きさが合わなくなったり、OSがバージョンアップすると「サポートしていない機器です」と表示されて、動作はするものの不便になるケースもあります。

その点を考慮すると、一体型はオススメできません。

ケーブルで接続するものや、ブルートゥースや無線LANで接続するタイプを選びましょう。

iPhoneのスピーカー(アップルストア)



特集記事
2年契約の更新月♥ スマホの料金を安くする方法 大手携帯電話v.s.格安スマホ 格安スマホに乗り換える理由とは 今のスマホをそのまま使って格安料金にするなら、お得なのはドコ?わたしも半額以下になった! スマホで彼女捜し、素敵な出会いの見つけ方

スポンサーリンク
スマホ名人-Simplicity-記事下01
スマホ名人-Simplicity-記事下02
SNSボタンとの境の線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする